環境

環境方針

私たちは、天然資源の持続的利用に努める
とともに、環境負荷の低減を図ります。

【活動の基本】

  1. 環境方針を組織的に伝達するとともに、利害関係者が入手可能な状態にします。
  2. 環境目標を設定し、その達成のために必要な経営資源を投入します。
  3. 環境マネジメントシステムを継続的に改善し、環境汚染の予防と環境保護に努めます。
  4. 事業運営上発生する、環境関連の全ての遵守義務を果たします。

2022年4月1日
株式会社ハチカン
統括責任者 山川 智彦

環境マネジメントシステムの適用範囲

適用範囲・設立日:  株式会社ハチカン  設立: 2014年11月 1日

 

適用サイト・事業:  (冷食工場)

            青森県八戸市大字市川町字下揚45番地44

            調理冷凍食品の設計・開発・製造

 

           (常温工場)

            青森県八戸市大字市川町字下中平沖48番地1

            缶詰・瓶詰・レトルトパウチ製品の設計・開発・製造

省エネ・環境対策への取り組み

     エントランスLED照明
     エントランスLED照明

◆LED照明設備・人感センサー◆

 

 消費電力の少ないLED照明と人感センサーを共用し

環境に配慮した取り組みをおこなっています。

     ソーラー発電による歩道灯
     ソーラー発電による歩道灯

◆太陽光発電パネルによる歩道照明◆


  建物屋上には、40KWを発電できるソーラー

  パネルを配置し工場生産電源に供給しています。

 また、工場正門よりエントランス入り口までの

 夜間照明はソーラー発電を蓄電し活用しています。

 

     廃油回収ボイラー
     廃油回収ボイラー

◆廃油回収ボイラー◆

 

  フライ製品に使用する食用油は、いったん廃油

 タンク集められ、不純物を取り除いたあとに

 廃油回収ボイラーに送られ、重油との混合比率

 を50%:50%とし活用されています。

 

 

◆蒸気ドレンの回収◆

 

  ニーダー及び蒸気熱交換式フライヤーの蒸気

ドレンを回収し、ボイラーの一次供給水の昇温

ヘ使用。 40~50%を回収し再利用しています。

 

     3階機械室のアンモニア冷凍機
     3階機械室のアンモニア冷凍機

◆アンモニア(NH3)冷凍機◆

 

 冷凍機は、アンモニア(NH3)を利用し

環境に配慮した機械装置で生産を行って

います。

 


     リサイクル燃料タンク
     リサイクル燃料タンク

◆リサイクル燃料タンク◆

 

 生産に利用され使用できなくなった食用油は、一度

リサイクル燃料としてこのタンクに貯蔵され不純物を

取り除いたあと、再生ボイラーに燃料としておくられ

ます。

 

 


 

◆その他生産設備では◆

 

  ・蒸気熱交換式フライヤー: 200℃の蒸気を用いてフライヤーの食用油を加熱、熱効率が

                良く、油の酸化が遅いなどの利点があります。 

 

   ・新型フリーザー(凍結装置): グラタン・ドリアは、約1時間の凍結時間を必要とします。

                 省エネ・省スペースを可能とした、日本初のマルチレイ

                 ヤードを導入しました。

 


エネルギー管理優良工場として表彰されました。

生産中の商品