工場見学(一般見学者は見学通路より)

工場見学カレンダー
工場見学の可能な日付を記載しております。日程確認のうえ工場見学受付まで電話連絡願います。「工場見学依頼用紙」に必要事項を記載頂きメール又はFAXで送信お願いします。
2017年度工場見学カレンダー(9月~2月).xls
Microsoft Excel 48.5 KB
        <<当社見学通路>>
        <<当社見学通路>>

 

 一般の方の工場見学をお受けしておます。

 (※観光や営業目的・周遊等の場合はお断り

  させて頂いております。)

 工場見学カレンダーをご確認いただきまして、

 申し込みをお願い致します。

  1、受付要領

 ①グループ単位で受付 (10名から30名様)

  単位で受付しております。 

  30名様を超える場合は下記の工場見学

  受付に問い合わせ願います。

   ②工場見学可能な日程をカレンダーで確認の

  上、電話連絡お願いします。

                       ※生産等の都合によりお受けできない場合も

                        ございますので、ご了承下さい。

     ③工場見学の時間帯  

   午前 09:30~11:00  

   午後 14:00~15:30

   見学時間は、約60分~90分ほどとなります。

 

 2、工場見学受付について (受付時間 10:00~17:00)

 

   株式会社  ハチカン業務部  

   電話番号  0178-52-6235   担当 村上・嶋脇

   FAX番号 0178-52-7133

多くの方々にハチカンへご来場いただきました。一部をご紹介させていただきます。

「北米地域との青少年交流事業(米国)」ケンタッキー州高校生25名の工場見学

      ハチカン玄関前の記念撮影
      ハチカン玄関前の記念撮影

 

 2012年6月3日(月)一般財団法人

日本国際協力センターからの依頼で

北米地域との「青少年交流事業(米国」

プロジェクトによる米国高校生25名と

引率者2名の工場視察を引き受ました。

 工場見学に来場された生徒25名は会社

概要説明のあと冷凍食品の視察を含め

約2時間、滞在されました。

 

 

 見学通路では生産機械や生産行程の

仕組み品質管理について熱心な質問

もあり冷凍食品に対するのイメージ

も少し変わったようでもありました。

 

 日本に対する見方が変わったり、ある面ではアメリカととてもよく似ているなどこの経験

を将来に生かしたい、もっと日本の事を知りくなったなどの意見をいただきました。 

 

 

 

 

 

弘前大学人文学部社会行動コース15名様の工場視察 

  

 

2012年6月27日(木)14時~17時に弘前大学 人文学部社会行動コースの学生並びに教諭の方々が冷凍食品工場の見学をされました。

見学の後は、当社製品の試食とスタッフから品質管理、商品開発、生産技術についての説明があり熱心に話を聞いている姿勢に感心しました。

弘前大学のみなさんフレッシュな力で「日本のものづくり」を応援してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

チエコ共和国 女性大使工場見学

【☆☆☆チェコ共和国 女性大使の工場視察☆☆☆】

 2013年8月2日(金)14時~15時30分の間八戸市市役所振興課の依頼によりチェコ共和国大使館のカテリーナ・フィアルコーヴァー大使の当社工場視察を受入しました。 当社概要を説明した後、冷凍食品工場を見学通路よりご案内しました。大使は生産ラインに非常に関心をもたれ多くの質問を頂きました。 プレゼンルームでは当日生産されていた製品の試食をしていただき商品への好評をいただきました。 チェコ共和国は「内陸の為、海で漁獲される魚が市場に少ない事やビジネスの可能性について関心あれば発展させたいですね。」などの意見を頂きました。 

冷凍食品技術研究会主催「親子工場見学の実施」

参加ご家族の皆様
参加ご家族の皆様

2013年10月19日(土)冷凍食品技術研究会主催の「親子工場見学会」の依頼があり、当社を含め9企業の生産工場で開催れました。

 主催の目的は「親子で冷凍食品の生産現場や味などを直接体験してもらい、冷凍食品について「楽しく」「分かり易く」理解を深めていただくことにあります。

10時より8組の御家族が①工場概要説明⇒②施設見学⇒③試食タイム⇒④質問コーナー⇒⑤お土産配賦⇒⑥見学終了のスケジュールで実施され④質問コーナ-では参加者の皆さんからたくさんの質問を頂きました。

 試食コーナーでは、当日生産された冷凍食品がテーブルに並べられご賞味いただき改めて冷凍食品の味や便利なところをご理解いただきました。

 

八戸市立長者小学校5年生の工場見学

2014年11月11日 八戸市立長者小学校5年生の総合学習での工場見学がございました。

授業で「八戸の食」について調べているとのことで、見学通路でも熱心にメモを取りながら見学を行っており、見学の後は原料や製造について多くの質問をいただきました。あまりの熱心さに滞在予定時間を過ぎてしまうほどでした。また、後日みんなが調べてくれた弊社の特徴やこだわりを「ハチカン パンフレット」としてまとめてもらい、送っていただきました。

少しでもご協力できたことを嬉しく思います。

北京大学 現代日本研究センター 博士課程学生18名が工場を見学

2015年5月21日 北京大学 現代日本研究センター(北京大学社会科学系学部に所属する博士課程の学生を対象として、現代日本の政治、経済、産業、文化などに関する講義を行う。)の訪日研修の一環として、学生18名・講師等7名、合計25名の方が来場されました。
当日は、会社概要説明、見学通路からの冷食生産ラインの視察及び生産品の試食、質疑応答などで約2時間弊社に滞在いただきました。
質疑応答の時間だけではなく、見学通路でも生産管理や品質管理、労務管理、環境についてなど幅広い質問をいただき、学生達の熱心さ・真剣さが伝わって参りました。
大学の講義で学んだ現代日本文化等の知識を基礎に、実際に日本で見聞することで理解を深め、研究や実務等の面でその成果を生かしていってもらえると期待しております。

おいらせ町立甲洋小学校5年生の工場見学

2015年10月21日(水)10時~11時30分にかけて、おいらせ町立甲洋小学校5年生(37名)の工場見学を受入しました。社会科の工業生産の学習として、毎年同校の5年生に来場を頂いております。工場で製品ができあがる過程や原料に関する事、働いている人達の工夫や気を付けていること等を見学し、勉強をしてもらいました。また、玄関での入退出セキュリテーの話や、製造ラインに並ぶ機械、冷凍設備や重量チェツク装置の役目などの設備面の話にも熱心にメモにとっていました。

見学の後にはいろいろな質問がありましたが、食品、そして食品が生まれる背景に興味をもっていただければ嬉しい限りです。

生産中の商品